グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 看護部  > 看護職のワークライフバランス

看護職のワークライフバランス

「看護職のWLB推進 カンゴサウルス賞」受賞しました!

看護部長の声



 看護部は女性の多い職場であり、年々産休・育児休暇取得者が増え大きな課題となっていました。看護師確保が容易でないこともあり、看護師が長く働き続けられる環境を作る事が必要だと思った事がWLB導入のきっかけです。

3年間の取り組みの成果

  1. 育児・介護支援制度を活用する職員が増えた
  2. 45歳~49歳の満足度が高まった
  3. 病棟再編成により部署の特色を生かせる体制になった
  4. 休憩室が約3倍の広さになった
  5. 看護師長室兼仮眠室を設けた
  6. 夜勤・交代制勤務を全面的に見直し、新体制を導入した
  7. 夜勤・遅番の休憩の取得時間が増えた
  8. 夜勤・遅番手当、専門・認定看護師資格手当の改定・新設をした

策定したプランは3年間でほぼ実現し、大きな成果に繋がりました。

【3年間を振り返って一言】

病院事業として組織的に活動することができ、看護業務・勤務体制等の見直し、改善に取り組む事ができ、働きやすい職場環境に近づいていると思います。

WLB推進委メンバー