グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



6階西

血液内科・耳鼻いんこう科・眼科

血液内科では、長い経過をたどりながら入退院を繰り返すため、外来・入院を通して患者様と医療者との人間関係が重要になります。 耳鼻いんこう科では、手術を目的とした患者様が多いため、慣れない入院生活や手術の不安などを軽減していただけるようにサポートしています。6月から、眼科も加わり白内障の手術が開始されました。 様々な患者様に対して、医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士・歯科衛生士・緩和チームなど、多職種と協力しながら看護をしています。


病棟紹介

6階西病棟は、血液内科・耳鼻いんこう科の混合病棟です。6月から新たに眼科が加わりました。

血液内科

当病棟には、クリーンルームが5室あります。
血液内科の患者様には、化学療法や輸血などの治療が行われ、病気を自己管理する上で感染予防はとても重要になります。入院中は面会制限があるなどストレスがたまる可能性がありますので、精神面をサポートできるように心がけています。

耳鼻いんこう科

耳や鼻に病気のある患者様が入院されます。手術される方も多いため、手術に対する不安や手術後の痛みが最小限になるように心がけています。

眼科

白内障の手術を受ける患者様が入院されます。安心して手術を受けていただくために、外来と連携して対応しています。