グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



7階東

外科・消化器外科病棟

外科・消化器外科専門の病棟として、上部・下部消化管、肝臓、胆のう、すい臓の手術や、化学療法、放射線治療を行います。術前から術後の周手術期看護を主に提供します。
コミュニケーションを大切に、他職種との連携を密に取り、協力し合い、安全で安心できる入院生活が送られるよう心がけています。


このページの目次


病棟紹介

外科・消化器外科の手術、化学療法、放射線治療等の治療を行い、周手術期の看護ケアを提供している病棟です。

手術前には患者様が不安なく手術に臨めるよう援助しています。手術後には早期リハビリを行い合併症予防に努めています。
また退院に向け、人工肛門を始めとする自己管理指導や食事指導にも力を入れています。退院支援では、退院後の生活で患者様・ご家族が心配に思っている事について一緒に話合い、不安なく退院を迎えられるよう援助しています。
スタッフ一同チームワークを大切に、常にチャレンジする精神で取り組んでいます。

症例検討会

毎月2回、医師・看護師・栄養士・リハビリスタッフ・緩和ケアスタッフが集まり、症例検討会を実施し、情報を共有しています。多職種が情報交換することで、更により良い医療を患者様に提供できるよう努めています。