グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



6階東

呼吸器内科病棟

肺癌・肺炎・COPDなどの患者様が多く、さまざまな呼吸機能の状態に合わせた看護を必要とします。
患者様が、6階東に入院して良かったと思っていただけるよう、笑顔と優しさをもって接したいと思います。


このページの目次


病棟紹介

6階東病棟は呼吸器疾患患者の入院病棟です。主に、肺癌、肺炎、COPD、気胸などの患者様が入院されています。肺癌の患者様は、化学療法・放射線療法など、パンフレットを作成し患者様への説明に活用しています。また、在宅人工呼吸器や在宅酸素療法(HOT)の患者様に対しては、個別に指導スケジュールを作成し、導入から在宅療養へと患者様・ご家族に合わせた指導を行っています。
患者様が安心して在宅に戻られるように合同カンファレンスを実施し地域との連携を積極的に行っています。
私たちはさまざまな呼吸機能障害のレベルに応じて、患者様が生活の質を維持・拡大できるよう、笑顔と優しさを心がけ取り組みたいと思っています。

病棟のようす

病棟の特徴呼吸器疾患単科病棟であり、医師・看護師・薬剤師・呼吸療法認定士・言語治療士・栄養士・ソーシャルワーカー・緩和医療チーム…等、さまざまなスタッフが役割を持ち、チーム医療を行っています。専門的知識を深めることができる病棟です。
呼吸器カンファレンス毎週木曜日、13時30分から合同チームで呼吸器カンファレンスを行い、患者様の病態や治療方針、生活やリハビリ等に関してみんなで検討しています。

病棟の目指すところ

勉強会を行いスタッフ全員が呼吸器疾患に関する知識を深め、看護体制や業務を見直し改善させ、やりがいがあり、働きやすい職場であること、 入院した患者様が「この病棟に入院して良かった。」と言っていただける看護の提供、安全な環境で安心して入院生活を過ごしていただきたいと思っています。