グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



理学療法士

-職場の雰囲気はどうですか?-

スタッフ数が多く、先輩方は後輩に対して非常に教育熱心なため様々なリハビリテーションの考え方を身に着けることが出来ます。また、仕事熱心な先輩方に囲まれ、仕事に対する姿勢を日々見て学ばせてもらっています。毎日のミーティングや昼食時の何気ない会話など、スタッフ間でのコミュニケーションも大切にしておりとても明るい職場です。

-仕事のやりがい、喜びは何ですか?-

人間にとって立つ、座る、歩くことはとても大切なことですが、これらの動作はときに病気やケガを背負うことで困難になってしまいます。障害の程度やその原因はひとりひとり異なり、理学療法士はその人に合ったリハビリテーションを提供する必要があります。患者さんの心に寄り添い共に1つの目標を達成できた時の喜びは、私が理学療法士になって良かったと感じる瞬間です。

-未来の後輩へ一言-

『昨日歩けなかった患者さんが今日歩けた喜び』を一緒に共感しましょう。