グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



医療情報室

医療情報室の紹介

 病院長直轄の組織として、診療情報管理、システム管理、看護情報管理、各種データ入力を行っています。医師・看護師・診療情報管理士・医療情報技師・事務職員で構成されています。

診療情報管理の役割

 診療情報の適切な管理・運用・活用を主な業務とし、電子カルテ・入退院サマリ・がん登録・DPC等のデータベースを活用し、病院内外における診療・研究・教育の支援を行っています。また監査等を行い診療情報精度の維持向上に努めています。
なお、個人情報につきましては法令や当院の個人情報保護方針に則り適正に取り扱い、保護・管理を行っています。

院内がん登録の役割

 院内がん登録とは、施設におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者の支援を目指して行うものです。がんの診断・治療を受けた全患者について、診断・治療・予後等の決められた項目を登録する仕組みです。診療科や入院・外来ごとではなく、腫瘍ごと(1腫瘍1登録)の登録を行っています。また、この調査を全国の病院が同じ方法で行う事で、情報を比較することもできます。

看護情報管理の役割

 看護記録の精度向上のための取り組みとして、看護必要度や診療録の監査を行い、看護の質を側面から支える役割を果たしています。電子カルテの操作研修や看護必要度及び診療録に対する教育的支援も行っています。また看護系マスタ管理などを行い、看護師の業務効率改善のための整備を進めています。

システム管理の役割

 電子カルテシステムの管理やセキュリティ対策などの職員教育を行っています。通常業務が円滑に行えるよう、病院情報システム全体の安定稼働に努めています。